FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

TVボードとキャビネット
2010/08/13 (Fri) 03:48

買ってしまいました!!

インテリアショップで一目惚れし
シンプルなデザインのBRAVIAにあうシックなTVボード&キャビネットは
木目が美しい高級木材である楢材を使用し、なんと購入したばかりのTVより高いものとなりました。

とりあえずこんな感じです。


TVボード斜め1

TVボード正面

TVボード斜め2

キャビネット正面


TVボードとキャビネットを並べると木目の美しさが最大限に生かされるように素材が使われており
職人のこだわりを感じる逸品なのですが並べるほどのスペースがなく残念でなりません。

部屋にドシっと構えフローリングとシックになじむ端正なたたずまいにうっとりしながら
46型大画面の迫力ある映像と5.1CHサラウンドの臨場感あふれる映画鑑賞にはまっているのであります。











構想2年! 着手~竣工1年! 遂に完成 自作ロフト!!
2010/08/01 (Sun) 03:18

構想より計3年!・・単に重い腰が上がらずとの噂もありますが
遂に完成しました。
まさかのリフォームしてしまいました!!

ワンルームにロフトスペースを!!とかねてからの念願を達成。

今振り返る事3年前、情報収集にハンズやロフトを訪れたところから始まり
ホームセンターである素材を見つけ店員からの情報提供の後押しによる
追い風乗っての勢いで少しずつ工事現場でよくみるあれを。
そう足場によく使われている単管、いわゆる鉄パイプを少しずつ組んで1年が経ち
遂に完成。
以前組み掛けの状態は紹介しましたがこんな感じになりました。

ロフト2

ロフト3

ロフト1

ロフト5

ロフト6

ロフト4


完全にアジトですね  決して悪いことはしていませんが・・ 笑 













更新もしないで・・
2010/06/04 (Fri) 02:25

PHPマニュアル




こんなことをしていました。



ホスティング型の無料ブログからの脱却と

新たなる挑戦として

映画と音楽のレビューサイトを自身でのサーバー設置

からの立ち上げでと計画し

まずはmovable typeというブログツールでの立ち上げを検討していくと

wordpressの方が世界的にもポピュラーでプラグインも豊富だと

いうこともあって方向転換。

色々と立ち上げに向けて進んでいくと

サイトを構成する上でのプログラム言語の記述、PHPという言語の壁に囲まれた

袋小路に突如はまり立ち往生。

立ち上げだけならサーバー契約からワードプレス設置と色々壁はあったものの

難なく乗り越えれる程度のものではあったが

PC上でのローカルサイト構築によりスマートな更新で!

などと少し色気をだした結果、

PHPというプログラム言語を勉強する日々になることは避けて通れず・・。


元々プログラム言語だオープンソースだなどの

頭脳にはほど遠い性質にもかかわらず毎晩朝方までPHPのマニュアルと

PCとの格闘の毎日。

最後のmysqlという記述されたPHPを管理・運営するツールへのインポートで

作り上げたサイトをアップできるというところがうまくいかず断念!

精通している方ならば 何で!? ってところですが。

結果的にローカルホストからのサーバーアップはできず

膨大な時間をかけ得たものはプログラム言語の記述に覆われた

文章に臆する事なく飛び込んでいけるようになっただけ・・笑


まぁいいか・・っと持ち前の切り替えの早さとリミットを切っていただけに

とりあえずサイトをあげたいという元々の本質に立ち返り

とりあえず6/2サイトアップ敢行!!  http://2medix-ms.mods.jp/


当ブログサイトは現在方向性を模索中でございます。

それまでは気まぐれな更新が続きますがご容赦願います!





テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

遺産を追い求めて・・part2
2010/01/31 (Sun) 15:04

精錬所の中には入れず残念でしたがここは犬島アートプロジェクトなる団体の立ち上げ以降

精錬所跡含む美しい瀬戸内の海に囲まれた島の保存と再生を趣旨とし環境面とアートに注力した結果

見事に新しい顔をもつ遺産として生まれ変わったようですね 



やはり沖合の島ということもあり海は大変きれいでした 

海辺には岡山県が5億円を投じ美しくデザインされた浜には大阪芸術大学が造ったとされている石造の腰掛けなど

今だリアルな雰囲気を残し続ける廃墟・廃屋とは対照的でありながらそれらをもアートに感じさせる

自然環境保護の概念に基づいた保存と再生が根づいているからなのでしょうか?

島すべてがアートされていました


また島の方々はあいさつを返していただいたり、船の待合所で話しかけたおばあちゃんからは島での生活につい

て色々聞いたりととても温かく迎え入れていただきました  ありがとうございます!



次は精錬所の中の撮影をしてきたいと思います おそらくその頃は気候もいいでしょう


とにかく今回は寒かった・・・




海とれんが

海からの煙突

すすき

海1

海2

海3

海7

海4

海5









  








遺産を追い求めて・・
2010/01/27 (Wed) 04:20

木々からの煙突


行って参りました! 
ここ岡山県は瀬戸内に浮かぶ小島で明治時代末期1900年代初頭、
銅の精錬所として日本経済を支え当時は娯楽施設や飲食店が建ち並ぶほど栄えていたといわれる犬島へ。


写真のとおり今そのような繁栄ぶりは影も形もなく、廃墟と化した製錬所の大煙突と
見事に朽ち果てたという表現のほか見当たらない独特な雰囲気を醸す煉瓦造りの工場跡。
まわりを囲むきれいな青い海とのコントラストがここ犬島オンリーではないでしょうか。


残念なことにほとんど工場跡裏側からの煙突は見れたものの工場敷地内への見学は
シーズンオフだったようでまた次の機会に。


裏側落雷

島の内陸部からみる裏側  
煙突がかけているのは落雷によるものらしい




民家と煙突

古民家と大煙突  島には65人の人々が住まれているとのことです。



とても感慨深い光景でした。 まだまだ伝えきらないので続きは次回で!











 

テーマ : 風景写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |

PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE