FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

遺産を追い求めて・・part2
2010/01/31 (Sun) 15:04

精錬所の中には入れず残念でしたがここは犬島アートプロジェクトなる団体の立ち上げ以降

精錬所跡含む美しい瀬戸内の海に囲まれた島の保存と再生を趣旨とし環境面とアートに注力した結果

見事に新しい顔をもつ遺産として生まれ変わったようですね 



やはり沖合の島ということもあり海は大変きれいでした 

海辺には岡山県が5億円を投じ美しくデザインされた浜には大阪芸術大学が造ったとされている石造の腰掛けなど

今だリアルな雰囲気を残し続ける廃墟・廃屋とは対照的でありながらそれらをもアートに感じさせる

自然環境保護の概念に基づいた保存と再生が根づいているからなのでしょうか?

島すべてがアートされていました


また島の方々はあいさつを返していただいたり、船の待合所で話しかけたおばあちゃんからは島での生活につい

て色々聞いたりととても温かく迎え入れていただきました  ありがとうございます!



次は精錬所の中の撮影をしてきたいと思います おそらくその頃は気候もいいでしょう


とにかく今回は寒かった・・・




海とれんが

海からの煙突

すすき

海1

海2

海3

海7

海4

海5









  








スポンサーサイト



遺産を追い求めて・・
2010/01/27 (Wed) 04:20

木々からの煙突


行って参りました! 
ここ岡山県は瀬戸内に浮かぶ小島で明治時代末期1900年代初頭、
銅の精錬所として日本経済を支え当時は娯楽施設や飲食店が建ち並ぶほど栄えていたといわれる犬島へ。


写真のとおり今そのような繁栄ぶりは影も形もなく、廃墟と化した製錬所の大煙突と
見事に朽ち果てたという表現のほか見当たらない独特な雰囲気を醸す煉瓦造りの工場跡。
まわりを囲むきれいな青い海とのコントラストがここ犬島オンリーではないでしょうか。


残念なことにほとんど工場跡裏側からの煙突は見れたものの工場敷地内への見学は
シーズンオフだったようでまた次の機会に。


裏側落雷

島の内陸部からみる裏側  
煙突がかけているのは落雷によるものらしい




民家と煙突

古民家と大煙突  島には65人の人々が住まれているとのことです。



とても感慨深い光景でした。 まだまだ伝えきらないので続きは次回で!











 

テーマ : 風景写真 - ジャンル : 写真

超絶! THE MARIO ARTIST BEST3と強者たち
2010/01/17 (Sun) 04:57

世の中には凄い人がごろごろといるもんですねえ。

またこんなにも愛されているとは・・



勝手に名付けさせてもらいましたTHE MARIO ARTISTのベスト3を勝手に選ばせて

もらいましたその名に相応しい超絶プレイぶりです 笑



BEST1






------アコギ一本でこの表現力! コインとるわ、きのこで大きくなるわ  まさにKING OF THE MARIO PRO!!




BEST2






------圧巻! ドラミングの技術・正確さもさることながら見てるだけで楽しい!!




BEST3





------フルート吹きながらのボイスパーカッションで圧倒し、やり終えた達成感全面のどや顔でキメ! 笑



神業ギタリスト!?とシカオさん


●これぞ神業!! 
ジェフベック ジミーペイジ クラプトン アンジェラ!? 4大ギタリストだった?? 何ですかこの人 笑



●シカオさん!!
芸がこまかい!  ネタくってますねえ 演出が素晴らしい!! 笑





●ひとりじゃなくても・・
とは言うものの凄すぎますこの人も!







テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

明けましておめでとうございます
2010/01/01 (Fri) 09:29

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます


現在、元日の朝8:30 

不本意なカタチでの年明け更新となってしまっているのも

奈良吉野の野迫川村という場所を目指し

雲海と初日の出の写真と動画を収め、撮りたての年賀更新をと目論み向かったのですが

想定をはるかに越える大雪により山の中腹でUターンしつい先ほど無念の帰宅。

仕方なく昨年の竹田城雲海の写真をアップする羽目になったから。


最初は竹田城も考えたがここは大雪がひどいだろうとの見解でこっちはまだそれほどでもないだろうと・・

あまかった・・  am5:00降り出した雪はやがて吹雪となりあっと言う間に積雪が・・

そのままいってしまおうとの選択も考えたが、車窓にぶつかる吹雪、このまま行くと帰りには・・と

容易に最悪のケースが想像できUターンするまではさほど時間はかからなかった。


まあまた来年いくことにしましょう!



●皆様、旧年中はお世話になりました。      
年賀1

まさかの竹田城雲海で! こんなはずではなかったんですがね


こちらは城壁 ここに城がたっていたんですね
年賀2




今年も気の向くままにフラフラな運営となりそうですがどうぞ今年も宜しくお願い申し上げます    元旦










| ホーム |

 BLOG TOP